公夢員の日輝

キーワード:アラフォー/webサービス/ライフハック/スマートフォン/図書館/読書/旅行/世界遺産/スキューバダイビング/ロードバイク/マラソン/健康/メタボ/ダイエット/子育て/読み聞かせ

自炊業者の比較について② → 未来bookが最安値だった

私が所有している本は自己啓発系のビジネス書が主なものである。

500P超えるものが多いので、スキャンする本の条件として下記を条件とする。

  • ページ数は500p
  • 表紙スキャンあり
  • ファイル名変更
  • 安く済ませたいので納期は遅くてもOK

www.bookfire.net

上記のBookFireで諸条件を組み合わせて安そうな業者をピックアップする。

・とりあえず最大手のbookscan

・最安そうなのが、未来book、電子書籍本家、INPECHITTOの3社

   BookScan 未来book  電子書籍本家  INPECHITTO
 標準料金  100  138 200 100 
ページ数追加OP  100  0  0
 ファイル名変更  50  0  20
  表紙カバースキャン  0  0  130 50 
 グレースキャン 0 0 0 50 
 合計  250  138 320  200 

 

ダントツで未来bookが最安値のようだ。

しかし、この差は凄すぎる。

利益が出ているのか!?

ただし、

  • 納期が守られなかったり
  • 品質が粗悪だったり

する場合もあるそうだ。

実際、私の所蔵コレクションを人柱として発注しレポートしたいと思う。