アラフォーイクメン図書館員の独り言

キーワード:アラフォー/webサービス/ライフハック/スマートフォン/図書館/読書/旅行/世界遺産/スキューバダイビング/ロードバイク/マラソン/健康/メタボ/ダイエット/子育て/読み聞かせ

【書評】グレーな本 / 高城剛

グレーな本

グレーな本

 

 【この本を手にとった理由】

 ノマド的なライフスタイルに憧れて、今何をしたら近道になるのかのヒントを得たかった。

 

【私が共感した箇所はここ】

Q_009 自分と向き合う方法を教えてください。

A_009 一番簡単なのが、「自分にとって一番楽しいことは何か」を考えてみることです。それを欲望と一緒にしてはいけません。まずは欲望を覗いて考え、それをもっと考えたり、追求したり実践したりしていると、きっと次の壁にぶつかります。そこで「自分にとって、これはすべきことなのか?」のような使命というか、「自分とは何なのか?」を考えるようなると思います。それで、いいのです。自分としっかり話して自分の奥の奥と対面することが大事なのです。

Q_013 起業するために今すべきことは?

A_ 僕なら週に一度は全く違うことをします。日本一美味しいカボチャを探したり、茶道や稼動をしたり、なんでもいいと思いますが、なにかちょっと興味があって、しかし人生を賭ける価値がないことを真剣にやってみます。そうすることによって、自分が作り出した自分のジレンマのようなものから、少し距離を置くことができて、冷静に客観的に問題を見ることができるのです。

Q_014 働くことの意味をどう捉えていますか?

A_ バランスこそがもっとも大事であり、お金よりも時間こそが取り返しがきかないことは事実です。また、常に僕は「お金のために働くこと」は、考えていません。(中略)自分が面白いと思ったことをやり続けているだけなんだと思います。たとえ、今それが収入の低下に繋がっても常に面白い選択をします。

Q_057 テレビが変わらなければ日本がよくならないのはなぜ?

A_テレビは免許制度のため、常に体制側に立っています。そして90年代後半以降、相次いでテレビ局が株式公開したため、株価至上主義=視聴率主義=広告主企業絶対主義が徹底されました。当たり前ですが視聴者に取って視聴率は関係ありません。その番組が良い番組かどうかが体制なのです。(中略)国民が忘れるのを待つのが現在の日本の報道体制なのです。とにかく国民が「考えないようにする装置」が、日本のテレビの現在なのです。

Q_098 日本には、宗教というものがありますか?

A_日本最大の宗教は「消費活動」にあると思います。クリスマスも正月もバレンタインも「消費活動」がメインにあるといっても過言ではありません。(中略)株価があたったり景気さえ良ければ、国民の多くは政治にも実際の宗教にも無関心である、と識者には見えていると思います。

 

【この本を読んで行動しようと思ったこと】

・テレビとの付き合いは半歩下がった態勢で観るべき、また放送されたこと、キャスターの言うことが全てでなく、自分で調べて考えたことを大事にせめばと改めて感じた。

・自分の趣味、興味関心事は、ITや読み聞かせ、マラソン、PTA...etcうまい具合に多岐に渡っている。全て楽しいと思って続けているので方向性は間違ってないと思ったので、それぞれを深化させていけるように継続していきたい。

 

グレーな本

グレーな本

 

 

広告を非表示にする