公夢員の日輝

キーワード:アラフォー/webサービス/ライフハック/スマートフォン/図書館/読書/旅行/世界遺産/スキューバダイビング/ロードバイク/マラソン/健康/メタボ/ダイエット/子育て/読み聞かせ

【書評】遅読家の読書術

 

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣
 

 【この本を手に取った理由】

・頭に残るための読書法はあればーと思っていた。

・速読に対して、敢えて遅読としているタイトルに興味が惹かれた。

・lifehackerの編集者ということで説得力がありそうな気がした。

 

【私が共感したところ】

・もっとも素晴らしと思った引用を一つだけ選ぶようにしましょう。自分がこの本を読んだ価値の全てはこの1行に集約されているといえるような部分です。

 

【この本を読んで行動しようと思ったこと】

・欲張りすぎて、「この箇所、この箇所が大事ー」ってたくさん目移りしてたけど、「その一行を削り取れ!(東洋大学駅伝チームスローガン)」のように本を読んで見ようと思った。

・だって、時間経つとどんな本だったかほとんど忘れているし、1箇所だけなら、「そうそう。これね。これ」的に思い出せそうと思った(でも、1つじゃなんか寂しいし、せめて3つにしょうかなとも思った。(^_^;))。

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣
 

 

 

 

 

広告を非表示にする