公夢員の日輝 ~現在は図書館員~

キーワード:アラフォー/webサービス/ライフハック/スマートフォン/図書館/読書/旅行/世界遺産/スキューバダイビング/ロードバイク/マラソン/健康/メタボ/ダイエット/子育て/読み聞かせ

一年生の読み聞かせで「花さき山」と「どろぼうがっこう」を読んで

①花さき山

「いいことをしたあとには花がさく」

また、

「死を伴った自己犠牲が善行」

と評している部分にも時代を感じさせる。

 

道徳の授業でも使われているだけあって、

読後感はとても清々しく感じる。

 

また、下記の図書館の図書館だよりの題字がこの絵本のイラストを描いた「滝平二郎」さんが書かれてたものだそうです。

筑西市立図書館 - 明野図書館 館報「花さき山」

 

ここの図書館、この絵本のような「どろだんご」を作る講座があるそうです。

とても楽しそうですね。(^^)

どろだんご (幼児絵本シリーズ)

どろだんご (幼児絵本シリーズ)

 

 

それを知ったのがこの本からです。

館長室から―町立図書館長の日々

館長室から―町立図書館長の日々

 

 たくさん付箋も貼ったので、しびれるフレーズがたくさんありました。

しかも、それが図書館だより「はなさき山」に載ってのがたくさんありました。

田舎の小さな図書館(ゴメンナサイ。汗)の館長さんの奮闘記です。

 

外観は歴史を感じさせつつも、いろんな事業を実施している素敵な図書館でした。

 

「どろぼうがっこう」も、強面の泥棒たちのセリフが可愛くてそれが興味を惹かれているっぽかったです。

どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))

どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))

 

 オチはベタなんですけど、最後まで真剣に聞いてくれていました。

1年生は瞳がキラキラしていて逆にこっちが元気もらえました。

 

どうもありがとう。m(__)m